年末に帰省した時、母とたこ焼きを作りました

DSC_0784


ブルーノのホットプレートは、鉄板以外にお鍋やたこ焼きのプレートが付いています

DIAGONAL_0001_BURST20201229115927796_COVER


たこ焼きプレートはまだ一度も使ったことがなったので、お昼ご飯に作ってみました

自分でたこ焼きを焼くのは初めて

DSC_0785


まず生地を作ります

私はクックパッドかクラシル(料理サイト)を参考に作ろうと思っていましたが、「そんなの目分量で大丈夫」と母

DSC_0786


つくね芋があるから、生地に混ぜ込んだら美味しいはずとすりおろしてみました

ねばりがすごい

お好み焼きの生地にすりおろした山芋を混ぜるとふわトロになって美味しいので、それと同じイメージです

DSC_0787


きゃべつと干しエビを混ぜ込みます

きゃべつの下に、さらに大量の干しエビが入っています

DSC_0790


お店で焼いているのは、サラサラの生地を流しこんでいるイメージですが、それとはずいぶん様子が違うような気も・・・

少し水分を加えておきました

油をしみこませたキッチンペーパーで熱した鉄板を拭くようにして油を塗り、下準備OK

DSC_0794


カレー用のスプーンで生地を入れ、その上に大きめに切ったタコをのせていきます

さらにその上から生地をかけます

DSC_0796


竹串でひっくり返していきます

これがうまく出来るか心配でしたが、思っていたよりも簡単にクルクル回せました

DSC_0799


焦げることもなく焼き加減も完璧

DSC_0804


ソースにマヨネーズ、削り節に青のりをふりかけて出来上がり

初めて作ったにしては上手くできたと思います

途中でタコが足りなくなり、母の機転で「ちくわ&カマンベールチーズ」に中身を変更

ちくわってテンション下がるわ〜と思いましたが、チーズと相性がよく、意外とGoodな組み合わせでした

生地が多かったみたいで、結局70個近く焼きました

お味はというと、、、

「たこ焼きの形をした一口サイズのお好み焼き」というのが正しい表現だと思います

父と祖母も食べましたが、お腹ふくれた〜と言っていました

みんな夕方になってもお腹すかず

具沢山だったのと、つくね芋を多めに入れすぎたようで、たこ焼き特有のトロトロ感がありませんでした

お好み焼きのようで、これはこれで美味しかったですが、今度はトロトロを目指して挑戦してみたいと思います

4人では食べきれず、次の日にも温めなおして頂きました

次は、姪っ子達が帰った時に一緒に作りたいと思います


↓↓応援して下さる方はクリックしてね 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村