大河ドラマはこれまで続けて見たことがなかったのですが、今回の「麒麟がくる」は、斎藤道三や帰蝶、光秀が登場するとあって楽しみにしていました

麒麟がくる


何年も前に「信長協奏曲」という小栗旬くん主役のドラマがあり、それを見て以来、帰蝶をとりまくその時代の歴史に興味を持ちました

でも、日曜日の20時からドラマを見るという習慣がないため、初回から見逃してしまいその後も再放送も見逃して、結局見れていませんでした

それが昨日のお昼にこれまでの1〜3回を一挙再放送しているのを見つけ録画しました

これからは毎週自動録画されるように設定したので、これでひと安心です

早速、夜にゆっくり1話から見始めたのですが、ものすごく気になることがあって内容に集中できません

皆さん、気になりませんでしたか 背景鮮やかさ

野山の緑や空の青がこれまでに見たことのない色を放っていました

途中一時停止してネットで調べて見たら、やはり同じように「背景が明るすぎ」「派手」「鮮やかすぎ」と言った内容がありました

なんと今回は大河初の4K放送らしいですね

だから緑や青が眩しいほどに鮮やか

私のテレビは古いから4K対応ではないはずなのに、それでもその違いがはっきりわかりました

それから音楽も素敵でした

内容以外のところが気になってしまいましたが、これから毎週楽しみに見たいと思います

ただ1つ残念なのは、エリカ様の帰蝶を見たかったということ

こればかりは仕方ないですけどね


↓↓応援して下さる方はクリックしてね
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村